ピースTV 週刊ブリーフィング 2017.3.11

■ 真の父母様の動静および主管行事
– 真の父母様 韓国教会本部、天苑団地視察
天一国5年天暦2月10日(陽3.7)

春の日差しが降り注ぐ、天一国5年の春、真の父母様は摂理の祖国、韓国の本部を訪問されました。
本部の建物隅々を視察された、真の父母様は報告を受けられ、天一国5年の勝利のために指導者と食口の士気を引き立ててくださいました。また、真の父母様は、HJ天苑団地が造成されている現場を自ら視察されながら、段階的な環境改善事業を行っておられます。実務を行っている機関長の報告をリアルタイムで受けられ、進行状況をチェックされ、HJ天苑を平和理想世界のモデルとして立てられようと精誠をささげられました。
真の父母様のみ言(20160506 日本指導者総会のみ言)
私の願いがあれば、すべてを私の当代で適えて差し上げたいのです。
天の父母様、真の父母様を中心とした一つの世界。
この世界はこのような姿であると、お見せしたいのです。そのように考える時、真の父母様の全生涯の業績とこれからの未来において、天一国の人々がどのような人生を生きてこそ真の父母様の前に近づくことができるというのをお見せします。
(20160506 つつじ浄化祭でのみ言)
皆さんの前に私は天の父母様の夢であり、真の父母様の願いを叶えることのできる、清平団地を中心として、最高の水準として、建立します。それは皆さんと未来の子孫たちが真の父母様の愛を体験し、感じることができ、天の父母様に無限なる感謝と栄光をささげることのできる、そのような聖所として作ろうと思います。
HJ天苑は、バチカンローマ教皇庁が、全世界カトリックの中心をなすように、世界摂理の本部の役割を遂行し、環境とレジャー・教育が生きている、インフラを備えた心情文化の基地となるでしょう。
何よりもHJ天苑は真の父母様の位相を後孫万代に伝承する、天一国の偉大な遺産となるでしょう。
このような愛と精誠の基台の上に、清平修練苑では、御聖誕日を期して行われた大役事に、67カ国から延べ人数、約2千名が参加し、復興の時間を持ちました。
それ以外にも先祖解怨式と40日修練会、トップガン修練会等に、祝福家庭食口たちの訪問が大幅に増え、精誠が集まっています。
人類の聖所として建設が進められている、HJ天苑摂理のために、食口の皆さんのたくさんの精誠と祈祷をお願い致します。
– 女性連合 ネパール希望学校第2号竣工式
天一国5年天暦2月5日(陽3.2) コルカ地域
世界平和女性連合は、文姸娥会長をはじめとする指導者と、地域住民約800名が参加する中、「希望学校建設プロジェクト」の2番目の希望学校である、「ネパール・シリ・チャゲシウォル中学校」の竣工式をもちました。希望学校が建てられたコルカ地域は、ネパール地震の震源地で被害が最もひどかった場所で、文ヨナ会長は「この学校の本物の主人は学生と先生」であるとし、「学生たちが一生懸命勉強し、ネパールのためのすばらしい指導者として成長することを願う」と激励しました。
ヤドゥ・ナット・サプコタ校長は歓迎の辞を通して、「地震被害で希望をなくした村で、この学校は希望の象徴となり、モデルとなった。」と感謝の気持ちを表現しました。女性連合は2015年4月、ネパール大地震被害地域で緊急救護活動を行い、「地球愛1%募金運動」を展開し、この地域の400名の学生に希望学校をプレゼントしました。
– 聖和 真の子女様追慕礼拝
天一国5年天暦2月10日(陽3.7) 漢南国際研修院迎賓館
聖和された、真のご子女様の追慕礼拝が、真の家庭をはじめとする中心指導者と食口約200名が参加する中で開催されました。今回の追慕礼拝は、孝進様聖和9周忌を迎え、興進様、榮進様、恵進様、喜進様等、聖和された真の子女様の生涯を称える時間として準備されました。
文薰淑様のろうそく点火で始まった追慕礼拝で、柳慶錫会長は、「天に向かう孝情の道を歩まれた真の子女様の生涯を胸に刻み、世界と人類の前に希望の実体とならなければならない」と強調されました。
この日、追慕礼拝に参加した統一家の食口たちは、真の子女様の聖和にこめられた崇高な意味を振り返り、天の摂理を勝利に導き、天一国の理想を実現することを決意しました。
2.世界ニュース
神氏族メシヤ活動
– イギリス:アール家庭430双祝福完了
天一国5年天暦1月22日(陽2.18)バーミンガム
ヨーロッパ大陸第1号神氏族メシヤ家庭が誕生しました。
イギリス家庭連合のアール家庭は持続的にヨーロッパ大陸を中心に、超宗教活動を展開し、神氏族メシヤ430家庭祝福を完了し、ヨーロッパでの神氏族メシヤ活動の可能性を見せてくれました。
この日、祝福式には35カ国から集まった、超宗教家庭約100双が祝福を受け、市議員8名と家族等、約300名が祝賀客として参加し、祝福家庭としての新たな出発を祝賀しました。
– タイ:神氏族メシヤ祝福式
天一国5年天暦1月18日(陽2.14)ブリーラム県ナーポー郡
タイのブリーラム県では、地域住民約460双が参加する中で、神氏族メシヤ祝福式が開催されました。
ブリーラム県の県庁との共同主催で行われた祝福式は、神氏族メシヤ第1号ドクター・レク家庭の神氏族メシヤチームとシン・ヨンフン家庭のサポートで行われ、ブリーラム県ナーポー郡の7つのホームグループ家庭の積極的な活動を通して、成功的に奉献されました。新食口たちは、祝福家庭の食口たちの持続的な教育を通して、3日儀式のための40日聖別期間を持ち、真なる祝福の価値を実践しています。
– コンゴ民主共和国:神氏族メシヤ祝福式
摂理戦略国家、コンゴ民主共和国でも祝福式の波が続いています。
ソンオロロとソヨ地域では、キリスト教会を通じた祝福式が開催され、地域の牧師をはじめとする信徒たちが祝福の隊列に同参し、ケンケ地域では市長、および自治体指導者たちの積極的な指示の中で、恩恵ある祝福式が奉献されました。
祝福家庭と指導者たちは、祝福活動と共に新食口たちのための段階的な教育を行い、コアメンバー定着に力を注いでいます。
– コートジボワール:神氏族メシヤ教育
天一国5年天暦1月29日(陽2.25)アビジャン
コートジボワールでは「氏族の第一歩」という主題で神氏族メシヤ教育が行われました。食口たちは神氏族メシヤの使命と価値を定立し、成功事例を共有することで、神氏族メシヤの使命を積極的に完遂することを決意しました。
平和運動
– フィリピン:世界平和国会議員連合創設大会
天一国5年天暦2月10日(陽3.7) マニラホテル
フィリピンでは、世界平和国会議員連合の国家単位創設大会が開催されました。この日の行事には、フィリピン現職国会議員31人とアジア8カ国の国会議員、世界から集まった各界の指導者約400名が参加し盛況を成しました。
龍鄭植(ヨン・ジョンシク)UPFアジア会長の歓迎の辞とトーマス・ウォルシュUPF会長の開会の挨拶を皮切りに始まった創設式で、文姸娥会長は、「すべての国会議員が氏族の飯屋となって、国民たちのために生きること」を強調し、創設者のスピーチを代読しました。
続いて、クォンドラ・ガルシア フィリピン国会副議長がフィリピン議員連合の議長に就任し、議員連合の会員として任命された国会議員たちによる就任宣誓と創設宣言文署名式が行われました。この日参加した世界の指導者たちは、「議員連合会議」を通じて連邦主義と多国籍犯罪、平和と繁栄のための原理と成功事例などをテーマに白熱した議論の時間をもちました。
– タイ:真の家庭の価値および純潔運動
天一国5年天暦1月18日(陽2.14)スリン県
最近、タイのスリン県とMOUを締結した、タイの家庭連合は、政府の積極的な支持の中、「愛の力、家庭の日」を主題に、真の家庭の価値、および純潔キャンペーンを行いました。
県知事をはじめ、政府指導者と学生等、約1000名が参加したこの日の行事で、参加者たちは市街行進を行い、「世俗的な記念日である、バレンタインデーを、家庭の日、孝行の日に変えよう」というメッセージを地域社会へ伝え、大きな反響を呼びました。
– ベナン:平和大使教育、および任命式
天一国5年天暦1月29日/2月1日(陽2.15/26)
王朝文化が続いている、ベナン共和国では、「ベナンのランガンフィン王」を平和大使に任命しました。
ベナン社会に大きな影響力を持つ、ランガンフィン王が平和大使に任命されることで、ベナンは国家復帰のための大きな基盤を備えることになり、定期的な平和大使教育プログラムを準備し、平和運動と神氏族メシヤ活動の地平を拡大しています。
– ケニア:真の家庭価値教育
天一国5年天暦1月18日(陽2.14) 
ケニア女性連合は地域社会の家庭を対象に、真の家庭価値教育を行いました。
真の家庭の価値に触れた参加者は、家庭が「愛の学校」であることを悟り、家庭内の問題を積極的に解決していき、正しい子女教育を実践することを決意しました。
– コスタリカ:女性文化教室
天一国5年天暦1月22日(陽2.18) 
コスタリカ女性連合は地域社会の女性リーダーのための文化教室を開催し、大衆基盤を拡大しています。韓国料理を共に作って分け合い、親睦を深めた参加者たちは、つづく訓読と講演を通して、真の父母様のビジョンと価値に感化される、恩恵ある時間を共にしました。
青年活動
– アルゼンチン:中南米青年学生40日修練会
天一国5年天暦12月7日~1月16日(陽1.4~2.12) ブエノスアイレス
アルゼンチンでは、中南米青年伝道対象者と成和学生120名が参加する中で、40日修練会が行われました。真の父母様の生涯路程と原理講義を土台とした人格教育と霊性訓練を受けた参加者たちは、万物復帰と講師訓練、チャレンジと文化活動を共にし、信仰生活全般を全身で体じゅつしました。
孝情の文化と心情文化に感化された伝道対象者45名は、カープ会員になることを決意し、キャンパス文化を変えていくことを決意しました。
– コスタリカ:二世統一原理講義ビデオ学習修了式
天一国5年天暦2月8日(陽3.5) 
コスタリカでは二世統一原理講義ビデオ学習の修了式が行われました。二世のための原理教育の基盤が微弱だった、コスタリカでは、二世たちが自発的に学習を行うことが可能なビデオセンターシステムを構築し、去る2ヶ月間37講座のプログラムを行いました。
今まで原理のみ言に乾いていた二世たちは、み言に感謝する恩恵ある証を伝えました。
Kimiko Tanaka
とても尊い贈り物である原理を、真の父母様からいただいたということを学び
真の父母様の支えとなる二世となることを決意しました
– コスタリカ:韓米 天一国宣教師活動
天一国5年天暦2月4~7日(陽3.1~4)
それ以外でも、コスタリカでは韓国とアメリカの天一国宣教師たちのキャンパス伝道活動が活発に展開されている中、韓国文化の夜の行事が開催されました。
宣教師たちは対象者と共にk-POPと伝統料理、伝統的な遊び等、多様な活動を行い、心情文化体じゅつの場を共にしました。
– ウガンダ:人格教育セミナーおよび純潔クラブ出帆
天一国5年天暦2月4~7日(陽3.1~4)
ウガンダ青年連合は、去る1週間、地域社会学校6箇所を訪問し、人格教育セミナーを開催し、純潔クラブを出帆しました。
今回の出帆式を通して、持続的な教育で学生を摂理に連結していく計画であり、市議会の指導者たちを教育し、肯定的な反応を引き出すなど、大衆基盤確保に全力を尽くしています。
主要ニュース
– 韓国:御聖誕および基元節4周年代表家庭聖地巡礼
天一国5年天暦2月6~8日(陽3.3~5)
天地人真の父母様御聖誕と基元節4周年を記念し、韓国教区代表家庭の聖地巡礼が、「孝情の光、全世界の希望たれ」というテーマで行われました。
全国8箇所の主要聖地を2チームに分かれて、釜山のボンネッコルと麗水を出発し、天正宮博物館まで訪問した、聖地巡礼チームは、真の父母様の愛と温かい息吹を感じる時間を持ちました。
柳慶錫会長は閉会式のみ言を通して、神氏族メシヤのアイデンティティーと使命を強調し、聖地巡礼を通して真の父母様の生涯を正しく知るべきだと伝えました。
今回の聖地巡礼に参加した代表家庭は、家庭連合初期に熱くみなぎった食口共同体の心情文化を体じゅつし、ビジョン2020勝利を固める、貴重な時間となりました。
日本:「2017新春全国牧会者研修会」開催
天一国5年天暦2月5~6日(陽3.2~3) 宮崎台国際研修センター
日本では「2017新春全国牧会者研修会」が開催され、全国牧会者および統一運動諸団体のリーダーなど約400人が参加しました。
宋龍天総会長は戦略発表を通して、「新しい価値観を提供し、日本が抱える社会問題の解決を通して、社会から信頼と尊敬を受ける家庭連合にしていきます」と語りました。
研修を通して、組織を再整備し、目標と戦略を共有した指導者たちは、新たに出発することを決意する時間を持ちました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

captcha

Please enter the CAPTCHA text