ご飯が愛である。

IMG_3591 IMG_3592  この度 熊本阿蘇大震災に熱く応援して下さった宋会長ご夫妻、徳野会長を始め全国の牧会者、教会員の皆様、そして世界日報の木下会長、福岡深川支局長並びに記者の皆様に阿蘇教会の教会員を代表して心から感謝申し上げます。
阿蘇教会104家庭の在籍の中で地震当初75家庭が避難しました。車の中で45家庭、残りは体育館、区役所など避難所で泊まりました。全壊家屋が1軒、半壊が2軒、部分壊が20軒を超えました。水道、ガス、電気が止まり全ての店は閉まりました。
現在も39家庭が避難生活を続けています。今も教会で4家庭15人が泊まっています。 このような環境の中でも教会では震災5日目から近所の人々に炊き出しを始めました。水もガスもない中で教会員たちが援助を受けたみそ、大根などを使って精誠を込めて周りの人々に配りました。
婦人、壮年、青年学生、皆な一つになって頑張りました。 初日は200名の方が来られました。
2日目も配りましたが500名を超える方が喜んで来られました。その中でも、震源地益城町から来られたあるおばあさんは、震災から1週間ぶりに温かいもを食べられたと本当に感動して涙を流していました。近所の人たちにも伝えて一緒に来ても良いのか尋ねる人もいました。炊き出し3日目は大雨でした。どうしようか迷いもありましたが三日間は地域の方を愛する条件を残すことにしました。大雨の中でも30名近くの方たちが来られました。
必ず教会と家庭連合紹介のチラシを共に渡しました。普段チラシだけではなかなか受け取らないのに今回はみんな喜んで受け取りました。大変な時手伝った友が本当の友であると言う諺があるように私たちも被災者にも関わらず一般の人を手伝うことに皆さん感動されたと思います。この光景を見たある税理士事務所の方は、自分はこれ以上統一教会に対するマスコミの噂は信じません。今見えるこの姿が教会の本質だと思います。そのような証もありました。
近所の人たちの中では炊き出しに使ってくださいとお米や手作りのクッキーを持ってこられた方たちもいました。 イスラエル民族がマナとウズラを通して、クリスチャンがイエス様の血と肉を通して、天に繋がったように今回の炊き出しは単なる食べ物ではなく真の父母様の愛を配ることだと思いました。
炊き出しのピークは総会長ご夫妻がこられた24日日曜日でした。前日地区長や教区スタッフとの打ち合わせで宋会長の集会の後4時から寿司のお弁当と味噌汁を200個ぐらい配ったらどうかと言う提案がありました。私はすばらしいアイディアだと思いました。ですが自分も知らずに200個は足りないんじゃないか300から400個はどうですかと言いました。結局350個注文する事になり、結果的にピッタリ合うお弁当の数でした。 しかし私には2つの心配がありました。1つはこの前炊き出しの時は水もガスも止まって店もしまっていたので多くの人が来ましたが今は水もガスも出て店も所々オープンしているのでお弁当1個もらいに本当に人が来るのか、、、
それで青年達に小さいチラシを作り近所に配ったりピケッツを作って4時前から道路のあちらこちらで宣伝しました。 しかし奇跡のような光景がお弁当や味噌汁を配る4時20分前から起こりました。まだ宋会長が食口達と写真を撮っていらっしゃるうちに2皆から駐車場のところを見ると30名以上の人が列を作って待っていました。スタッフからは待たせないで早く配ったらどうかという意見もありましたが、4時からと伝えたので20分待たせるようにしました。教会から配るものを一般の人が20分も待たず受け取るということは全く経験のない私でした。 4時になり宋会長ご夫妻と教会前駐車場に降りた時驚きました。約300名位の人々が並んで待っていました。宋会長とサモにムからお弁当味噌汁が配られみんな喜んで受け取りました。来れない年寄りがいるから もう1個お願いするかたも多くいました。勿論教会紹介チラシも喜んでもらわれました。 10分でほぼ300個が配られ残り10分間であと50個がなくなりおよそ20分で全部配られました。 200個だったら3分の1以上の人がもらえないで帰るところだったと思うと、どれだけ神様が啓示的に教えてくださったのか感謝そのものでした。 宋会長やサモニムも大変感動し喜ばれました。
サモニムはこれからご飯で伝道しましょうと笑いながら話されました。ご飯が愛であるお父様の自叙伝の御言葉が証明される瞬間でした。 もう一つの心配であった天候も午前中は雨でしたが、午後からは曇りに変わり大震災の中でも、天がともにする熊本教区であり阿蘇教会であることを実感しました。 まだまだ復旧まで時間がかかると思いますが阿蘇教会の教会員達は 全国各地からいただいた皆様の応援を宝にして、むしろこの世に希望と勇気を与える教会と教会員としてさらに発展、成長することを決意しながら改めて応援して下さった全国の方々に感謝の心を申し上げます。
ありがとうございます。

2016年4月26日 阿蘇家庭教会教会長 鄭 泰奭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

captcha

Please enter the CAPTCHA text

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください