第109回 復帰原理「アベルの立場を確立したヤコブ」

Posted by: | Posted on: 9月 27, 2019
イサクの家庭において子供のエサウとヤコブによる実体基台がなされなければなりませんでした。そのためには次男のヤコブが神から愛される位置に立たなければなりません。ノア家庭において父ノアと次男ハムの一体化が必要だったように、信仰基台を立てた父イサクの勝利圏を次男ヤコブが受け継がなければなりませんでした。今回は、ヤコブがいかにして信仰基台の中心人物、すなわちアベルの立場を確立していったのかについて解説します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

captcha

Please enter the CAPTCHA text

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください