HJグローバルニュース (2019年 3月 23日)

PeaceTV
天一国ニュース
HJグローバルニュース (2019年 3月 23日)

皆さん、こんにちは。天一国の希望のニュースをお伝えする、HJグローバルニュースです。

神統一韓国時代を開門して下さった、真の父母様は、世界摂理の勝利のために、摂理の長子国家、神アメリカにおいて、精誠の時間を過ごしておられます。去る3月16日には、真の父母様が、新たに命名して下さった、HJ天宙天宝修錬苑で、聖和・真の子女様・追慕礼拝が行われました。今週は、恩恵の中で行われた、追慕礼拝の現場の様子とともに、世界の宣教現場のニュースをお伝えいたします。

1. 特集 – 天一国7年 聖和真の子女様追慕礼拝

真のお父様の祝祷

この者が、長子の福を受けて行くことを誇りに思い、祈祷をたくさんしてあげ、皆さんが情熱を持って行くべき道に、進まなければなりません。アーヂュ!

喜進様..恵進様..栄進様..興進様..孝進様

喜進様、恵進様、栄進様、興進様、孝進様..。聖和された、真の子女様の名を呼ばれながら、「希望(喜び)であり、恵みであり、永遠に、栄え、興ることのできる孝子の名であった。」と、回顧された、真の父母様!聖和された子女様の前では、涙を見せられなかった、真の父母様でしたが、子女様を回想される、み言の中には、いつも慕わしい心情があふれていました。

真のお母様のみ言

お父様が霊界に行かれたため、今や、霊肉界を中心として四位基台は全て造成されました。

父母様を中心として四位基台はすでに造成されたことを、知っていますね?情心苑に行けばあるでしょう。

真の子女の中で、孝進お兄さん、興進お兄さんは、人類の前に、父母様の前で、真の孝子、忠臣の道理を果たした息子たちです。常に共にする心で、皆さんが第一線において生活するならば、霊肉において、皆さんに大きな役事と力をもたらす源泉となるでしょう。

天地人真の父母様の、四位基台の前に迎えられた、孝進様と興進様に、今年は、皇族の衣装を授けて下さることにより、真聖徳皇帝の、長男と、次子としての位相を高められ、毎週・聖日の朝、3世の子女様を教育されることにより、天一国の未来を準備しておられる、真の父母様!

創世以来、一度も越えることのできなかった、曲がりくねった、蕩減復帰の峠を越えて、新しい時代を開いて下さり、深天開放苑 忠孝開門主・孝進様と、天総官・興進様、大母(だいぼ)様をはじめとする、数千億の天軍天使、絶対善霊と共に、一国の新たな歴史を切り開いて行っています。

– 天一国7年 聖和真の子女様追慕礼拝

天一国7年 天暦2月10日(陽3.16)HJ天宙天寶修錬苑

天一国7年 天暦2月10日、HJ天宙天寶修錬苑(HJてんちゅう・てんぽう・しゅうれんえん)の、情心苑(じょうしんえん)に、み旨のために聖和された、真の子女様を追慕する、食口たちの足取りが続きました。文孝進様の聖和11周年であり、韓承運・大父様(はん・すんうん・だいふさま)の聖和41周年でもあった、この日の追慕礼拝では、聖和された、真の子女様と共に、大母様と、大父様を追慕する時間として、行われました。

真の家庭と、天一国指導者、食口など、約500名が参席する中、キム・ドンヒョン 神韓国・世界平和・青年学生連合・および・CARP会長の司会により、始まった追慕の場。

報告祈祷 ソン・イニョン 神韓国3地区長

真のアベルの立場で、犠牲の道を歩まれた、真の子女様の孝情を相続する場とならせて下さい。

ソン・イニョン神韓国3地区長の、恩恵の祈祷に続き、大母様と大父様、聖和・真の子女様に、献杯と敬拝を捧げ、皆の精誠の中で、執り行われました。

文姸娥 天宙平和連合・神韓国会長は、「よく死になさい」というみ言を握り締め、瞬間瞬間を生きられた、孝進様を回顧しながら、「死を置いて、天の前に、人生を評価されることができるのは、公平である」と伝え、人生の価値についての悟りのメッセージを伝えました。

回顧談 文姸娥天宙平和連合 韓国会長

今や、2020年!1年も残っていません。その残り少ないこの期間、私たちが、この地に生きているので、共におられる真のお母様に侍り、進んで行くことのできる貴い時間があることを、もう一度記憶する、きょう、この日となることを願います。

宋光奭 南北統一運動・国民連合・会長は、真の父母様と、食口たちを、誰よりも愛された、孝進様のエピソードを紹介し、大きな感動を伝えました。

宋光奭 南北統一運動国民連合会長

真の父母様を誰よりも深く愛された、孝進様の心情は、永遠に愛する春雨のように、永遠に、統一家の兄弟たちと、子女たちに伝えられることでしょう。

追慕の辞を伝えた、李基誠 神韓国・家庭連合・会長は、蕩減復帰時代を清算し、新しい天一国時代を開かれた、真の父母様の摂理路程において、最もアベル的な立場で、犠牲の道を行かれた、真の子女様の聖和についての、摂理的な背景を説明し、天一国7年、私たちが進むべき道について、力説しました。

祝祷 李基誠 神韓国家庭連合会長

今、私たちは強く、大胆に進んで行かなければなりません。孝進様がベルリンの壁に向かって、強く大胆に歩まれたように、私たちも恐れることなく、前進することができるようにして下さい。その前進する道の上で、私たちが犠牲になるならば、それは、天上の永遠の世界において、最も大きな栄光の場になることを知って、恐れることなく前進する、私たちとなり、勝利者の位置に、皆が同参することができるように、切に願います。

ビジョン2020の勝利の日を、300日余りを後に控えた、この日。追慕礼拝に参加した食口たちは、真の子女様の絶対的な孝情と、忠孝の心情を相続し、真の父母様の希望であり、恵みであり、永遠に栄えある、孝子の名を輝かせることを誓い合いました。

文孝進ミュージックフェスティバルのご案内

真の父母様の忠孝の心情を、心情文化芸術の世界に、広げてくださった、文孝進様の崇高な志を称えるために、2008年、文孝進様の聖和以降、2009年から、毎年行われている、文孝進ミュージックフェスティバル!文孝進様・聖和10周年を迎えた2018年には、韓国と日本、アメリカで、聖和10周年記念の、ミュージックフェスティバルが開催され、「文孝進、ザ・ベスト孝情」記念アルバム発売と、「心情文化世界とマルチメディア」追慕文集の再出版、記念グッズ製作と、ホームページオープンなど、孝進様を追慕する多彩な事業が行われました。

今年5月、「清平孝情国際つつじ祭」が行われる、孝情天苑・清心平和ワールドセンターでは、孝情文和苑(ひょじょん・ぶんわえん)の主管で、「第11回・文孝進ミュージックフェスティバル」が開催されます。真の父母様に対する孝情で、1万余曲に及ぶ、珠玉の歌詞とメロディーに、天と人類に向かう、孝情の心情を込められた孝進様!感動の旋律と共に、心情文化芸術・創造の主人の心情を相続する、恩恵の場にぜひ、ご参加ください。

2.世界ニュース

神世界の領土を広めている、天一国の宣教現場の希望のニュースをお伝えいたします。

■神氏族メシヤ活動

– 韓国:4地区、2019赤ちゃん誕生 真の家庭祝福祈願 高敞郡 希望前進大会

天一国7年 天暦2月10日(陽2019.3.16)高敞郡立体育館

神韓国4地区では、真の家庭の理想を実現するための、「第1回・赤ちゃん誕生、真の家庭・祝福祈願・高敞郡(こちゃんぐん)・希望前進大会」が、高敞郡の指導者と、市民・約3,600名が参加する中で開かれました。この日の大会では、真の家庭の価値を拡散するための、「多子家庭・表彰式」が行われ、高敞郡の14の地域の、多子家庭代表と、新婚夫婦の3家庭に、賞状が授与される、意義深い時間が設けられ、続く、「2019天地人真の父母・孝情天宙祝福式」は、高敞郡の地域代表、社会団体長などが、積極的に参加し、李基誠会長夫妻の主礼で、恩恵の中で奉献されました。

– 韓国:4地区、2019平和統一真の家庭実践 光陽市 希望前進大会

天一国7年 天暦2月10日(陽2019.3.16)光陽コミュニティセンター

一方、同日、神韓国・4地区、光陽(くぁんやん)市では、「平和統一・真の家庭実践・光陽市・希望前進大会」が、イム・ジョンヒョク地区長夫妻の主礼による、孝情天宙祝福式と、ソン・ビョンホ韓国文化・平和連合・会長の基調講演、地域の指導者の表彰式など、盛況のうちに開催されました。この日、ジョン・インファ国会議員、イ・ヨンジェ道議員、キム・ソンヒ光陽・市議長など、参席した来賓たちは、祝辞を通して、南北の平和的統一と、家庭問題の解決に率先してきた、家庭連合の役割が、さらに重要になっていると強調しました。参加者たちは、希望前進大会の意味を深く認識し、家庭連合の諸活動に、積極的に同参することを決意しました。

– ブルキナファソ:神氏族メシヤ430家庭祝福完了宣布式

天一国7年 天暦1月13日/27日(陽2.17/3.3)

神アフリカ圏域のブルキナファソでは、ボロ家庭と、ティエリ家庭、ディアラ家庭、トゥラウレ家庭の、神氏族メシヤ・430家庭・祝福完了・宣布式が行われました。ブルキナファソでは、12個の神氏族メシヤ・ホームグループが結成、地域の復帰のための祝福運動を展開し、すべてのホームグループのメンバーが、神氏族メシヤの使命を完了することを、目標に、祝福活動を展開してきた中で、タイ家庭連合の活動を相続し、市長と村長の復帰を通して、地域住民の教育と祝福を展開する一方、UPF活動の基盤である、平和大使の祝福と、族長の復帰を通じて、4双の、神氏族メシヤ祝福・完了家庭を奉献しました。

– タイ:新規食口家庭出発教育

天一国7年 天暦2月8日(陽3.14)

タイの、ドクター・レク神氏族メシヤグループでは、新規食口の、家庭出発教育が行われました。神氏族メシヤ祝福式後の、3段階にわたる教育課程を通じて、原理教育と、統一家の伝統、および、礼節教育を行っている、ドクター・レクの氏族は、この日、2段階の課程である、3日行事と、四大心情圏、霊界と祖先についての教育を行い、全体を傾聴した、新規食口家庭は、地域や社会に、肯定的な影響力を伝播する、真の祝福家庭となることを誓い合いました。

– 日本:1地区、自叙伝書写奉納伝授式

天一国7年 天暦2月10日(陽3.16)

神日本・1地区では、群馬教区の主催で、自叙伝書写・奉納伝授式が行われました。この日の行事は、幼児からお年寄りまで、対象者を含む、約850名が参加し、参加者たちは、真のお父様の自叙伝の書写を行い、家族書写の証と、文化公演などを通して、真の父母様の愛と、平和の心情を体験する、恩恵の時間をすごしました。

– 日本:4地区、自叙伝心の書写奉納式

天一国7年 天暦2月7日(陽3.13)広島県廿日市市

一方、4地区でも、自叙伝・心の書写・奉納式が、広島教区の主催で行われました。平日ながらも、現職の国会議員夫人、県・市議会議員をはじめとする、対象者・約800名が参席した、書写・奉納式。真の父母様の祝福と愛を、神日本の市民社会に、伝播することにより、伝道環境を造成し、大衆基盤を拡大する、恩恵と、復興の場となっています。

■平和運動

韓国:5地区、南北統一のための「邑面洞 希望前進大会」出発式

天一国7年 天暦2月4日〜11日(陽2019.3.10〜17)昌原他 5つの地域

地域と理念、世代を超えて、南北統一の基台を築くための、「市郡区(しぐんく)・邑面洞(うむみょんどん)・希望前進大会」が、神韓国・家庭連合と、UPFの共同主催で熱く続いている中、神韓国・5地区では、今月8日、慶南(きょんなむ)を皮切りに、10日大邱(てぐ)、13日慶北(きょんぶく)、15日蔚山(うるさん)、17日釜山(ぷさん)で、「邑面洞(うむみょんどん)単位・希望前進大会の出征」が、宣布されました。政治言論界のVIPと、地域の代表者、地域の愛国市民をはじめ、食口たちが参加した、出征式で、パク・ヨンベ 5地区長と、神韓国・家庭連合・副会長は、「天地人真の父母様の、頭翼統一思想で、真の南北統一を成し遂げることができる」と力説し、イ・ヒョニョン韓国宗教協議会・会長・兼・UPF事務総長は、「3.1独立運動が起きた、1919年と、100年を経た、現在の状況は、非常に似ているという、歴史的実例を提示しつつ、「3.1独立運動の精神を相続し、南北統一を成し遂げよう」と強調しました。

参加者たちは、左翼・右翼を超えた、頭翼思想の理論的優秀性と、包容性に深く共感、南北統一のための、社会的連帯を、積極的に強化していくことを決意し、出征式に参加した食口たちは、「強く推し進めなさい」と呼びかけられた、真の父母様のみ言を想起し、今年6月まで、5地区全体の、邑面洞単位の大会の勝利を、決意しました。

韓国:5地区、2019柳寛順烈士精神宣揚大行進

天一国7年 天暦2月11日(陽2019.3.17)釜山、昌原

一方、神韓国5地区、釜山(ぷさん)と昌原(ちゃんうぉん)で、在韓・日本宣教師会の主管で、柳寛順(ゆ・ぐぁんすん)烈士の、「建国勲章・大韓民国章」の追加叙勲(じょくん)を記念し、「2019・柳寛順烈士・精神宣揚・大行進」が行われました。在韓・日本宣教師会はこの日、行事を通じて、自由と平和、愛国の、崇高な道を歩んだ、烈士の精神にならい、実体天一国安着のために、最善を尽くすことを固く決意しました。

■青年活動

– ボリビア:神中南米3地区、STF70日出発修練会閉会式

天一国7年 天暦2月2日(陽3.8)サンタクルス

神中南米・3地区のボリビアでは、STF70日出発修練会の閉会式が行われました。ボリビアとペルー、コロンビアなど、6カ国・約180名の青年学生たちが参加した、修練会では、12日間の原理教育と、21日間の万物復帰路程、30日にわたる伝道などが行われ、参加者たちは、「自分の限界を克服する過程を通じて、共に働かれる天を体恤し、真の父母様の心情を相続した証を共有し、、摂理のために、公的な人生を生きていくことを決意しました。この日、70日の、出発修練会を修了した、STF団員たちは、ビジョン2020の勝利のために、宣教現場に投入され、本格的なSTF献身路程を出発しました。

– ザンビア:青年の日祝祭

天一国7年 天暦2月6日(陽3.12)首都ルサカ

ザンビア・世界統一武道連盟の主催で、首都ルサカでは、青年の日・祝祭が開催されました。ザンビアの国営放送の取材が行われた、この日の祝祭では、教育と職業、両性差別や、エイズ問題など、青年関連問題についての、議論の場として設けられ、すべての問題に、解決策を提示する、真の家庭の価値についての講演が行われ、幸せと希望を共有する、祝祭の場となりました。

– 韓国:1地区、ソウル南部教区 成和生徒会 第6回 シムソン祭

天一国7年 天暦1月19日(陽2019.2.24)ソウル南部教区大聖堂

神韓国1地区・ソウル南部教区の、成和学生は、「真の父母様の希望!孝情Heroes!」をテーマに、第6回「シムソン祭」を行いました。各教会別の公演と、創作ダンス、コントなど、さまざまなプログラムを通じて、ジュニア神氏族メシヤの重要性を共有した、成和学生たちは、天一国安着の摂理のために、与えられた責任と役割に、最善を尽くすことを決意しました。

果てしなく、高く、深く、広い、深天の世界を開放し、主人として、忠孝の伝統を立てられた、深天開放苑・忠孝開門主、孝進様と、真の愛の基準を立てられ、死亡の圏を越えられることによって、サタンが支配していた愛を、神様の主管の下に再び探し立てられた、天総官、興進様。真の父母様を至極精誠で愛された、お二人の子女様と、真の家庭、先立って行かれた、祝福家庭の先輩たちの、崇高な犠牲によって、私たちは、今日、摂理の春を迎えています。

万物が冬の眠りから覚め、新しい春を知らせるように、天一国の新たな時代の到来を全世界に伝える、祝福家庭の皆様となられることを祈りつつ、また来週お会いしましょう。

This entry was posted in 映像.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

captcha

Please enter the CAPTCHA text

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください