第74回 北方領土問題⑤「北方領土問題の戦後の経緯」

ソ連(当時)は日本と中立条約を結んでいたにもかかわらず、それを破って千島列島に攻め込んできました。日本は「ポツダム宣言」を受諾。連合国軍に降伏し、武装解除したのです。ところが、ソ連は中立条約を破って攻め込んできただけでなく、日本が敗戦を受け入れた後も日本に攻め込んできたのです。歯舞と色丹には、降伏文書に調印した後に攻め込んできました。今回は、北方領土問題の戦後の経緯について解説します。

This entry was posted in 映像.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

captcha

Please enter the CAPTCHA text