3月29日 日曜日礼拝

新しく就任されました鄭教会長の初めての礼拝の説教「再び割礼を行いなさい」でした。内容の一部を紹介します。このままで2020年をむかえられるだろうか?全能なる神様の力を得ることが出来れば出来ます。しかし、神様も人間がサタンの讒訴条件にかかればどうすこともできません。朝、目が覚めたとき最初に神様に感謝の言葉を捧げ、訓読会をすることによって一日を天が記憶し守られます。一週間の出発においては、週の初めの日曜日の礼拝を神様にささげ祝祷を受けることによって一週間が守られます。一ヶ月が守られるためには、十条献金を捧げることが重要です。天を優先し生活することが天運が共にあり、困難なこと、大きなことを成す事ができます。再び 心の割礼、肉身の割礼、万物の割礼を行いましょう。閉会後は、全員が教会長と握手をして天に記憶されて出発しました礼拝写真